#23 / 2017.03.19

丸の内タイムトリップ

3月19日の放送では、丸の内にいながら、時空を超えた旅へーー。2人がまず訪れたのは、「三菱一号館美術館」1階にある「Café 1894」。扉を開けると、明治時代へとタイムスリップ。ここはかつて、銀行の営業室として使われていた場所で、重厚な内装や吹き抜けの天井など、当時の姿を忠実に復元したカフェ・バーです。
おすすめは、展覧会タイアップメニュー。「オルセーのナビ派展:美の預言者たちーささやきとざわめき」(2017年5月21日まで開催)の会期中限定で、"はじめまして、クレープ・シュゼットです。"や、"かわいい色彩革命"といった展覧会にちなんだメニューが楽しめます。
そして、食事の余韻をそのままに「三菱一号館美術館」へ。時代を映し出す作品の数々は、私たちを19世紀のフランス芸術の世界へと連れ出してくれるでしょう。

今週の小町

THIS WEEK KOMACHI
THIS WEEK KOMACHI

komachi 23
菊井 亜希
(きくい あき)

今週のショップ

Café 1894

  • 住所

    東京都千代田区丸の内2-6-2 三菱一号館美術館内1F

  • 営業時間

    11:00~23:00(LO22:00)
    ※変則営業となることがあります

  • 定休日

    不定休

  • 連絡先

    TEL:03-3212-7156

  • アクセス

    東京駅 丸の内南口より徒歩5分

  • 特徴

    明治期に銀行営業室として使われていた空間を復元したミュージアムカフェ・バー。クラシックな趣と2層吹き抜けの高い天井が人気の店。

  • ホームページ

    http://mimt.jp/cafe1894/

三菱一号館美術館

  • 住所

    東京都千代田区丸の内2-6-2

  • 営業時間

    10:00~18:00(最終入館17:30)/
    祝日・振替休日除く金曜、展覧会会期中の最終週平日 10:00~20:00(最終入館19:30)
    ※臨時の時間変更の場合あり

  • 定休日

    毎週月曜(祝日・振替休日・会期最終週の場合は開館)、年末、元旦、展示替え期間
    ※臨時の開館・休館の場合あり

  • 連絡先

    03-5777-8600

  • アクセス

    東京駅 丸の内南口より徒歩5分

  • 特徴

    近代美術中心の展覧会を開催する丸の内の美術館。赤煉瓦の建物は、三菱が1894年に建設した「三菱一号館」(ジョサイア・コンドル設計)を復元したもの。

  • ホームページ

    http://mimt.jp

地図

アクセスマップ

PLEASE SHARE US ON