#1 / 2016.11.06

新しい私に出会う

11月6日の放送では、アートを全身で体感できる美術館をご紹介しました。
丸の内を有楽町側へ進んだ一角にある、緑あふれる空間。その先に、今回ご紹介する「三菱一号館美術館」があります。
丸の内のシンボルである赤レンガの外壁に囲まれたこの建物は、明治時代に日本で活躍した建築家ジョサイア・コンドルが設計した「三菱一号館(1894竣工、のちに解体)」を美術館として蘇らせたもの。現在開催しているのは『拝啓 ルノワール先生 梅原龍三郎に息づく師の教え』(2017年1月1日まで)。展示中の、日本近代洋画の巨匠・梅原龍三郎の『パリスの審判』には、世界的に有名なフランス近代洋画の巨匠・ピエール=オーギュスト・ルノワールの"師の教え"が息づいています。
作品だけにとどまらず、端正な建築美に満ちた空間。明治時代の図面通りに積み上げられた、赤煉瓦の外壁もその一つです。ここで過ごす時間が新しい自分を発見するヒントになるかもしれません。

今週の小町

THIS WEEK KOMACHI
THIS WEEK KOMACHI

komachi06
広瀬彩香
(ひろせ あやか)

今週の小町

三菱一号館美術館

  • 住所

    東京都千代田区丸の内2-6-2

  • 開館時間

    10:00~18:00
    ※祝日・振替休日除く金曜、展覧会会期中の最終週平日は20:00まで
    ※入館は閉館時間の30分前まで
    ※臨時の時間変更の場合あり

  • 休館日

    毎週月曜(祝日・振替休日・展覧会会期中最終週の場合は開館)
    年末、元旦、展示替え期間
    ※臨時の開館・休館の場合あり

  • 連絡先


    03-5777-8600(ハローダイヤル)
    受付時間:日本語・英語 / 8:00~22:00

  • アクセス

    JR東京駅 丸の内南口から徒歩5分

  • 特徴

    2010年春、東京・丸の内に開館。JR東京駅徒歩5分。19世紀後半から20世紀前半の近代美術を主題とする企画展を年3回開催。 赤煉瓦の建物は、三菱が1894年に建設した「三菱一号館」(ジョサイア・コンドル設計)を復元したもの。

  • ホームページ

    http://mimt.jp/

地図

アクセスマップ

PLEASE SHARE US ON